仕事でパソコンを使っている人は目がかなり疲れます。パソコンの画面を見続けていると目が疲れるのは、ブルーライトの刺激や近い場所をじっと見るからだと言われています。パソコンが手放せない人の目の疲れ対策を説明します。

パソコンで目が疲れたら

仕事でパソコンを使っている人は休憩時間までパソコンから目が離せないかもしれません。少しでも目を離したりキョロキョロすると仕事をさぼっていると見られてしまうこともありますよね。本当は10分に1回程度パソコンから目を離し遠くの景色を見るとだいぶ目の疲れがラクになるんですが、それができない場合は軽く目を閉じます。

目を閉じるとパソコンの光の刺激が入らないので目が休まります。たった1分程度でも目を閉じると目の疲れが解消します。目が疲れたなと思ったら目を閉じるクセをつけると良いですよ。軽く閉じるだけで充分です。

品質の良い目薬は目の疲れに効く

軽く目を閉じる目の疲れ対策だけでは足りない人は目薬を利用してみましょう。その時注意したいのは、「あまりに価格の安い目薬は使わない」ということ。市販の300円程度の目薬は目に入った埃やゴミを洗い流すことはできるけど目の疲れ解消効果はあまり期待できません。有効成分がしっかり入っている目薬はそれなりの価格なのです。

慢性的な目の疲れを感じているなら1000円程度の目薬を使ってみましょう。1000円程度の目薬の方が1滴で目がスッキリするのでお得ですよ。目薬も安物買いの銭失いにならないように気をつけましょう。

自宅での疲れ目ケア

自宅に帰ったら1日頑張った目のケアをしてあげましょう。テレビを見るとまた目が疲れるのでテレビは控えめに。もちろんスマホを使えばまた目が疲れるので使うにしても時間を考えましょう。

自宅に戻ったらお風呂に入りながら目を温めたタオルで覆うと目の疲れがラクになりますよ。温めたタオルを目の上に乗せるだけで目や目の周りがじんわり温まってこわばった筋肉がほぐれるのが分かります。タオルが冷めたらお湯につけてよく絞り目の上に乗せます。何度か繰り返していくと視力が上がったように物がはっきり明るく見えるようになりますよ。

おすすめリンク